コミュニケーションの必要性

人間にはコミュニケーションが必要不可欠です。
人とコミュニケーションをとるばあい、様々な方法が挙げられます。
一番確実に相手と分かり合うには直接話をするのが一番効果的です。

しかし、話をするということが苦手な人はたくさんいます。
プライベートでの会話や家族での会話、仕事での会話など誰かと話す機会は多いです。
しかし、コミュニケーションの方法は今はこれだけではありません。
直接話をしなくても人と話すことができる環境になっています。

必要に応じてコミュニケーションを直接取る事がありますが、メールやインターネット、SNSなどを使用すれば、
他人となんなくコミュニケーションをとることが可能となっています。
ですから、直接コミュニケーションを取ることを苦手とする人は増えてきています。

しかし、コミュニケーションができるというのは非常に素晴らしいことです。
言葉や会話というのは人間の特徴でもあるのです。

円滑なコミュニケーションができることでいろいろな事がうまくいきます。
仕事に関してはコミュニケーション能力が高ければ契約などもスムーズに決まる場合があります。
恋愛でも話が盛り上がるのでうまくいきやすい場合もあります。
メリットがあるとなればやはりコミュニケーション能力を上げるように努めたほうが良いでしょう。

もちろん携帯電話のメールやPCメール、ツイッターやスカイプ、スマホのコミュニケーションアプリなど使いこなすことも大事です。
使いこなせることができないと、現代では取り残されてしまう可能性もあります。
周りがみんな使用しているということは、それなりにコミュニケーションができるということなのでしょう。
さらに直接の会話能力を高めることで、自分にメリットがあるでしょう。

会話のペースについて

会話が上手になりたいと思っているのであれば、話し方のペースに気をつけましょう。
話すのが苦手だという人は多いですが、自分の話す早さを意識している人は少ないと思います。
意識することはなくても、自分が一番心地良いと感じている速さで話しているはずです。

心地よい話す早さというのは人それぞれ違います。
自分ではなく、相手にとって心地よいと感じる速さで話すと相手は話しやすくなります。
コミュニケーションにはスキルというものがあるのですが、それにも相手の速さに合わせるテクニックがあります。
このテクニックをペーシングといいます。

相手がすごくのんびり話すタイプで自分はとにかく早口である場合・、相手は聞くのが疲れます。
さらに、自分の方はのんびり過ぎてイライラするでしょう。
会話がうまくいくとは到底思えませんし、相手は心を開いてくれないと思います。

まず、相手の話す早さをチェックしましょう。
早さがわかったら、その速さに合わせて自分も話してみます。
すると会話が進み、相手もいろいろな話をしやすくなります。

悪い人だとは思っていないけど、なんだか合わない人というのは周りにいると思います。
この場合、相手と自分の話すペースが違っていて、いまいちしっくりとしないのではないでしょうか。
となると、嫌いではないわけですから、お互いにもったいない話です。

いまいち合わないと思っている人がいたら、その人の話す早さを確認しましょう。
そして相手に合わせて話すようにします。
すると意外と「合っているかも」と感じられるかもしれません。